第2回 基礎・応用講座

戻る

日時 平成27年7月3日金曜日 9時受付開始、9時30分開始

場所 機械振興会館 B3-1室 (LAN接続可能)

参加費 19,000円(会員、教材費込)、25,000円(非会員、教材費込)

参加するための入会は4,500円で可能です。

申込期限 平成27年6月26日7月1日(水)17時(厳守)

申し込みはこちら

講師・講座内容

1.加速度センサの基礎(2)

梅田 章((株)ベクトルダイナミックス)

マトリックス感度の考え方をもとにして、多軸加速度センサの基礎項目について、お話し致します。
①動的線形性の補足、 ②6軸慣性センサのマトリックス感度と1軸慣性センサの感度の関係、③6軸慣性センサのマトリックス感度の導き方、④トレーサビリティの確立方法の一案、⑤数値計算例 等。非線形性の計算については、学会発表が終わっていないので、次の機会に説明致します。
本講座の理解に必要な基礎知識は、物理学の基礎(高校程度)、ベクトル演算、線形代数(大学教養課程)です。

2.オープンソースマイコン(Arduino)の使い方・教え方

高本孝頼((株)タブレイン、NPO法人オープンワイヤレスアライアンス代表)

1)セミナー概要

本セミナーは、オープンソースハードウェアArduino(マイコンボード)を使って、いくつかのセンサ値を読み取るプログラミング技術を短時間で学ぶ内容となります。
このArduino(アルデュイーノと呼び)は、世界的に広く普及しているマイコンボードで、多くのセンサ類を簡単に使いこなす開発環境を提供しています。
セミナーでは、温度センサ・光センサ・距離センサなどのアナログセンサを学び、さらに3軸での加速度センサについて基礎から応用までを学んでいきます。また、教材キットを提供していますので、セミナー後、自宅でも引き続き応用展開ができるものと思っています。

2)提供する教材キット(10,000円:税込)
  • Arduino UNO R3
  • USBケーブル
  • センサ類(温度センサ、光センサ、超音波距離センサ、3軸加速度・3軸ジャイロセンサ)
  • LCD(液晶ディスプレィ)、スピーカ、LED
  • その他(ミニブレッドボード・ジャンパワイヤ・抵抗類)
  • マニュアル一式(200ページほど:データにて)
  • 「みんなのArduino入門」(リックテレコム社出版)
3)参加条件
  • PC(ノートパソコン程度)持参<Window7、OSXなど>
  • 事前にArduino開発環境のIDEをインストールのこと(参加者に事前に情報提供)
  • ある程度プログラミングできる方(C言語など)
  • インターネット接続できる機器持参(モバイルルータ、WiFiルータほか:必須ではありません)

事務局追加情報:

Arduinoは、インターフェースを追加しますと、データを無線でインターネットに載せることが可能です。これをセミナーの対象とするかどうかは、アンケートの結果で決めます。無線インターフェースの実践セミナーには、費用が発生します。

スケジュール

  • 9時 受付開始
  • 9時30分 講座1開始
  • 11時30分 講座1終了
  • 11時30分~12時:Arduino用開発環境インストールのチェック
  • 12時~13時:昼食休憩
  • 13時   講座2開始