(講演+討論)型講演会

戻る

特定非営利活動法人慣性センサ応用技術研究協会は,新しく講演会を企画致しました.『講師から十分にお話を伺ったあと,講演と同じ時間の討論をする』というのが,基本的な考え方です.講演を聴くだけではなく,参加者が自分の考えを講師の先生にぶつける対話の時間を十分にとって,新鮮な知的創造の場を作ろうとの目論見です.
講演の時間2時間,討論の時間2時間 という枠組みで進めております.会によっては大幅に延長して議論が白熱することもあり,その意味で,全体の名称をとりあえず(講演+討論)型講演会としています.
慣性センサが関係する問題領域は非常に広く,産業界の諸問題,自然界の問題,安全保障の技術問題,技術教育の問題など多岐にわたります.制限を設けることなく話題を選定し,かつ議論致します.どうぞご期待下さい.多くの方々の参加をお待ち致しております.

第9回 平成29年9月15日(金) 講師:神谷 庄司 氏(名古屋工業大学)
シリコンの常温結晶すべりとユビキタスセンサー社会へ向けたMEMS構造の長期信頼性予測

第8回 平成29年5月23日(火) 講師:中川 賢一 氏(電気通信大学)
原子干渉計を用いた慣性センサの可能性と課題

第7回 平成29年4月21日(金) 講師:本多 敏 氏(慶應義塾大学)
スマート社会を支えるセンシングと計測の基礎

第6回 平成29年3月21日(火) 講師:土屋 智由 氏(京都大学)
MEMSの設計論 ~静電容量型加速度センサを例にとって~

第5回 平成29年2月17日(金) 講師:中村 茂 氏(オプトクエスト)
ジャイロ技術の過去・現在・未来 ~海外との比較を通じた、技術的、及び応用上の論点を中心に~

第4回 平成28年9月23日(金) 講師:野々村 裕 氏(名城大学)
MEMSセンサ技術の自動車とロボットへの応用 ~使う立場からのMEMS論~

第3回 平成28年7月15日(金) 講師:吉田 憲正氏(大阪府立大学、前・三菱電機)
人工衛星・宇宙機と慣性センサ

第2回 平成28年4月22日(金) 講師:神永 晉 氏(前住友精密工業社長)
”Inertia changes the world”「慣性が世界を変える」 ~IoT世界における慣性センサの役割~

第1回 平成28年2月 5日(金)  講師:国見 敬 氏(曙ブレーキ工業)
車両制御用MEMS加速度センサの社会インフラ保全応用と技術課題